どんな人が土地家屋調査士に向いている?

土地家屋調査士に必要なこと

1.《測量と登記に関する知識》
土地家屋調査士の仕事を正確にこなしていくには測量の技術と登記に関する知識がなくてはなりません。
測量の技術は進歩に伴い、機器の扱い方をはじめとする測量座標の押え方や、測量方法などの知識を含むものです。
基礎的な知識はもちろん、実務経験も非常に重要です。
登記の知識においては、不動産登記の知識のみならず、不動産登記の前例や民法に関する知識も必要となってきます。
これらの知識は土地家屋調査士の資格試験で習うもので足りることがほとんどですが、
不動産登記においては、法改正があったり先例の追加があったりした場合には、新しいことや関連して変更されることなどの知識の補充が必要になりますし、
測量機器などの進歩によっても測量方法が変わってきますので、そちらの方も常にアンテナを張って学び続ける姿勢が大切です。
2.《顧客数の確保》
土地家屋調査士として、独立開業する人が多く、そういった面においても土地家屋調査士の仕事は人気となっていますが、
資金や経費よりも最も重要なのは、顧客をどれだけ確保出来るかです。
継続的に仕事を貰い事業を存続できるかが壁となってきますので、その点の対策をよく準備しておく事が大切です。