どんな人が土地家屋調査士に向いている?

どんな人が土地家屋調査士に向いている?

不動産登記に必要な土地の形状や建物の面積などを調査し、登記するのが、土地家屋調査士の仕事です。
不動産登記とは、不動産が自分のものだと証明してくれるもので財産となるものですよね。
銀行からお金を借りる際に、土地や建物を担保に入れる場合や土地の売買をする場合に必要になってきます。
不動産登記がなければこのような取引が出来ません。
また、土地の境界に関するトラブルを防ぎ、解決すべく幅広い十分な知識を蓄えた、それらの法律家としての面も期待されているといえます。
よって、土地家屋調査士の仕事は単純な一般業務をこなすのではなく、複雑な問題をも解決する重要な業務と任務を遂行する職業であるともいえます。
では、土地家屋調査士に向いている人はどんな人なのでしょうか。
1.《フィールドワークとデスクワークをこなせる人》
土地家屋調査士の仕事は、まず外作業である土地や建物の軽量、測量から始まります。
不動産の面積や形状、土地や建物の所在地や状況などの状態を公示するために対象となる物件の調査や測量に出かけます。
つまり、情報材料の収集をしなければ何も出来ないということですね。
測量機材を持ち込み、座標を取ったり、隣に住む方々と協議したり、境界表を設置したりすることが土地家屋調査士のフィールドワークとなっています。
そして、フィールドワークを終えた後その日のうちに、デスクワークに突入します。
デスクワークは、フィールドワークで調査、測量されたものなしでは、何も出来ないので、
基盤となるフィールドワークでの仕事をミスなくこなさないといけませんね。
このようにデスクワークの仕事は主に、図面を作成したり、申請書や添付書類を作成したりといったことになります。
土地家屋調査士の仕事は、現地で測量をするフィールドワークと、測量の結果を計算して図面にしたり
申請用紙を作成したりするデスクワークの両方があるのが特徴です。
そのため、そのどちらもこなせる方が向いているといえます。
2.《コミュニケーション能力がある人》
土地家屋調査士の仕事はフィールドワーク、デスクワークだけではありません。
土地売買の際によく起こる土地争い、そして不動産取引の際にも境界争いが出ると非常に厄介ですが、境界争いが大事になる前に解決するという役割として、
一定の要件のもとで境界に関するADR(裁判外紛争処理)を行うことも認められている土地家屋調査士に任せられることも多いのですが、
これもまた簡単な仕事内容ではありません。
決定権は土地家屋調査士にあるという事ですので、少しのミスも許されず、隣接する地主さんとも上手にやりとりをしたり、道路管理者との
やりとりもありますので、タフな精神力を持っていることは当然のこと、コミュニケーション能力もある程度兼ね備えていないとやっていけません。

特に、お客さんと隣接する地主さんがもめている状況下にあって、仲立ちのような形で交渉しにいく場合は十分な背景の調査や根回しや、
上手な言い回しが出来る能力も求められるでしょう。
3.《体力・メンタル共にタフさと正確さが必要》
土地家屋調査士はフィールドワークも多く、炎天下の中でも多少の雨風の中でも測量を行うことも多く、測量する場所が必ずしも平坦な土地ばかりでなく、
藪や急ながけ地で行われることもあります。
そして、その一方で、測量自体は少しのミスも許されない正確な精度が求められますし、
その後の計算や成果品(図面や写真、申請書など)の作成では緻密さが求められます。
特に、不動産の表題登記は、不動産登記法という法律によって非常に厳密な運用がなされているので、
申請書の書き方も含めてかなり細部に至るまで気をつかわなければなりません。

そのため、これらの状況に対応出来る体力的にも精神的にもめげないタフさと、そこそこの体力が必要となります。
そして、このように、相反する二つの性格をあわせ持つことができる方が向いている職業といえますね。
4.《努力を惜しまず続けられる人》
土地家屋調査士の一番重要な役割を果たす仕事として、不動産の表題登記が主となっていますが、不動産の表題登記の法律自体が古く、
実際の登記実務においては先例をふまえて運用されるのが現状ですが、この先例は年々増えていくものです。
さらに、測量技術も凄まじい発展に伴い、GPSの運用形態が代わると測量の計算方法が変わることもあります。
このように、土地家屋調査士の資格を取ったあとでも技術の進歩や不動産登記の先例に対応できるように
努力を重ね続けられる向上心がある人には向いているといえますね。

土地家屋調査士

測量士補